羊たちの沈黙はサイコスリラーの最高峰!主要キャラと本編の魅力に迫る!

映画

羊たちの沈黙は主要キャラの過去にも注視

本作の主人公・クラリスは、まだFBIアカデミーの実習生で、過去の出来事からトラウマを抱えており、どこか線の細い役柄です。

メンタル的な脆さが否めないキャラですが、これが元精神科医のレクター博士との相性が良く、本作を包む不穏な空気にマッチして、映画に含まれる心理的な恐怖を際立たせています。

何もかもを見透かすように彼女に接するレクター博士の一方で、彼と対峙することで過去とのトラウマとの決別を図り、事件解決を目指すクラリスの二人は、一見するとアンバランスな関係に見えますが、両者の良さを引き立てる非常に相性の良い間柄と言います。

どちらかと言うと男性社会のFBIという組織で、小柄な肉体的なハンデを努力でカバー、心理学と犯罪学の分野で優秀という側面を持ち合わせています。

この勤勉さが災いしてか、上司からレクター博士の観察レポートを提出するように命じられるのですが、実は観察されていたのは彼女で、レクター博士の手のひらで踊らされることになるのです。

クラリスは本作に緊張感とスピード感を与えつつ、レクター博士の不気味な存在感を際立たせるなど、本編のテンポや取っ付きやすさの部分で貢献している重要なキャラクターです。

もう一人の主役!レクター博士の魅力

本作の主人公は、ジョディ・フォスター演じる「クラリス・スターリング」ですが、同等もしくはそれ以上の存在感を放つアンソニー・ホプキンス演じるレクター博士からも目が離せません。

柔らかな物腰且つ知的で、凶悪殺人犯とは思えない聡明なそのキャラクターは、本作のシンボルといっても過言ではありません。

本作の終着点でありラスボス的な存在はやはり、FBIやクラリスが追うシリアルキラー「バッファロー・ビル」に間違いありませんが、レクター博士は彼を凌ぐほどのサイコぶりを発揮し、観る者に恐怖を与えます。

その不気味な眼差しは一度見ると忘れ難く、一方では紳士的な態度、もう一方では狂気を孕んだサイコパスという、掴み所の無いその個性は、彼が映画史に残る名キャラクターである所以です。

看守や看護士の顔の一部を噛み千切ったり、自身が収監されている房の隣の囚人を自殺に追い込むほど罵ったり(クラリスへの暴挙が原因)など、普通この手の異常なキャラは観る者に嫌悪感を与え、マイナスな印象が残るものです。

しかし、レクター博士は上品且つ紳士的な人物でもあるせいか、不快感を感じさせないのが不思議です。

事件解決の糸口を探すために訪ねてきたクラリスに対して、最初は非協力的ですが徐々に彼女に興味を示し、最終的に救いの手を差し伸べ、犯人検挙に影ながら貢献する姿にも好感が持てます。

当初、製作スタジオ側はレクター博士役にショーン・コネリーを起用するつもりだったそうですが、拒否されたことでアンソニー・ホプキンスにオファーが舞い込んだそうです。

結果的にそれが功を奏し、自らのポリシーに忠実に生きる異常者・凶悪殺人犯「レクター博士」という難しい役柄に、アンソニー・ホプキンスの名演が重なり、本作を映画史に残る不朽の名作に仕立てた彼の功績は図り知れません。

トラウマから“変身”を強く望むバッファロー・ビル

本編ではレクター博士の存在感が強烈過ぎるが故に、今一つ影が薄い感じが否めないバッファロー・ビルですが、女装癖や変身願望などを孕んだ倒錯キャラぶりで、本作のクライマックスを盛り上げるのに欠かせない存在です。

幼少の頃に受けた児童虐待が原因で自己否定に陥り、男性から女性に生まれたい願望に苛む彼は、誘拐した女性を手に掛けず、衰弱死させることで伸びた皮膚で服を作ろうとします。

本編では凶行に走るようになったルーツが垣間見え、レクター博士とは一味違ったサイコっぷりは、映画を盛り上げるのに欠かせません。

快楽よりも歪んだ変身願望を叶えるために殺人を犯すその姿は、虐待が起因することもあってか少し可哀想にも映ります。

一方で、クライマックスでクラリスが彼の潜伏先に潜入した際、ナイトスコープを装着して彼女に迫るシーンではしっかりキモチ悪く、本作のサイコホラーな部分を強調させた重大な役でもあります。

彼の潜伏先に存在する井戸やその内部の壁面に刺さった爪など、ジャパニーズ・ホラーの代表作「リング」のヒントになったと思われる描写が見られるのも興味深いです。

キャラの個性が際立つ刺激的なストーリー

原作を執筆したトマス・ハリスは、ジャーナリストとして活動していく過程で犯罪世界に興味を抱き、この頃の活動が後の推理・サイコ犯罪小説執筆の原動力となったそうです。

そのことも影響してか、劇中では犯罪心理学に基づいた手法で、犯人捜査が展開されます。

難解で取っ付きにくい展開を想像しがちですが、アクの強い主要キャラ達が絡み合うその進行は、小難しさよりもストーリーの面白さが際立つ内容で、難解がゆえにストーリー進行に取り残されることもありません。

捜査が行き詰まり、事件解明のヒントとした頼った人物が異常者(レクター博士)、犯人も異常者(バッファロー・ビル)、両者に翻弄され板挟みにされながらも自らの正義感とトラウマの解消のため奮闘する者(クラリス)が織り成す展開は、観るものに焦燥感と緊張感を与え、本編の世界観にズルズル惹き込まれていくことでしょう。

また、プロファイリングで謎が少しずつ解明されていく展開と残酷で過激な描写は、想像力を刺激します。

視覚的にも心理的にも恐怖を与えてくれるショッキングな作品が観たい方に本作をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました